ED治療薬の副作用をブロック!

副作用を軽減させる

勃起不全を解消法として使われるのが、ED治療薬です。病院やメンズクリニックで処方されているED治療薬は、他の薬と同じように副作用があります。
頭痛や胸焼け、動悸といった副作用がありますが大抵は無視できるレベルのもの。しかし中にはやはり薬が合わず、激痛を伴う頭の痛さや吐き気を催すほどの胸焼けを感じる人も。せっかくパートナーとセックスをする!という時に限って、副作用に悩まされたくないですよね。
そんな方に知っておいてほしいのが、ED治療薬の副作用をブロックする方法です。頭痛にはロキソニン、胸焼けにはガスターといった市販薬を使いましょう!

ED治療薬の副作用はどれも似ている

まずはED治療薬の副作用には、どういったものがあるのかをチェックしていきましょう。ここではED薬としてよく処方されているバイアグラを例に、紹介していきます。

<主な副作用>
●顔のほてり
●目の充血
●頭痛
●動悸
●鼻づまり
●胸やけ

顔のほてりや目の充血は、バイアグラを飲んだ方の大半に症状が出るといわれています。しかしどれも健康状態を心配するほどではないので、「薬が効き始めているのだな」程度に思っておけばOK。
どれも顔のほてりや目の充血を発現するのは、薬が体内の血行促進を促している証拠です。そのためあまり心配する必要はありません。

頭痛がする時の対処法はロキソニン!

なぜED薬を服用すると頭痛が起きるのでしょうか?その理由は、薬の効果である血行促進が原因だから。体内の血流アップを促すことで勃起をサポートするED薬ですが、ピンポイントで男性器だけに通っている血管だけを広げていないのです。
血管拡張は全身で行なわれています。そのためもちろん頭の血管も薬の効果で、拡張しているのです。
血管拡張の際には、周りの神経を圧迫します。その時に感じるのが頭痛です。

しかしセックスをしている最中に、頭痛を気は払えませんよね。そのような事態を避けるためには、市販されているロキソニンをED治療薬と同時に服用するのがオススメです。
同じタイミングで飲む理由は、ロキソニンとED治療薬が効き始める時間や作用している時間がほぼ同じだから。
だから同じタイミングがベストなのです。頭痛が酷くなった時点で飲み始めても、ロキソニンは十分な効果を発揮できません。
効き始めるまでに20分はかかりますし、そもそもセックスしている途中で薬を飲むなんて相手にドン引きされてしまいます。

胸焼けにはガスター

ED治療薬の効果で、人によっては胸焼けを感じるケースがあります。血行促進を行なうと、血流アップだけでなくまれに平滑筋をも緩めてしまう場合があるのです。
平滑筋(へいかつきん)とは、自律神経の支配下にある自分の意志ではどうにもできない部位です。
胃や食道、小腸、大腸、血管壁に存在していて、胃にあるものが食道に逆流させないという働きを持っています。
しかし薬の効果で平滑筋が緩まってしまうと、胃酸が逆流気味になってしまい胸焼けを感じ始めます。

胸焼けの対処法は、逆流気味になっている胃酸を抑制するH2ブロッカーのガスターや、プロトンポンプ阻害剤のタケプロンが最適。
ガスターは飲み始めてから30分くらいで効果を発揮し始めます。作用時間は8時間ほど。タケプロンは服用後の1~2時間程度で効き始めて、作用時間もがスタート同じ8時間。
しかし胃酸を抑える効果はガスターの方が優秀なので、効き目が早くて同じ作用時間ならガスターの方がおすすめです。
胃酸調整薬を服用する際には、セックスが終わった後か翌日に胸焼けを感じた後に服用しましょう。
もしED治療薬を服用した直後に、胃腸に不快感を覚えるようであれば同じタイミングで服用しても構いません。